もしも最低賃金が1500円に上がったら

スポンサーリンク

先日、最低賃金の1500円に引き上げを要求するデモがありました。

「最低賃金、時給1500円なら夢ある」若者らデモ

スポンサーリンク

最低賃金が1500円に上がったら

記事によると、東京の最低賃金は時給932円だそうです。

都道府県ごとに定められている最低賃金は現在、最も高い東京都でも時給932円で、最低の宮崎、沖縄両県は714円と目標の1500円の半額以下。仮に時給1500円で週40時間働くと、4週間で24万円になる計算だ。

確かに最低賃金が上がればその分収入は増えます。

一方で雇う側にとっては人件費が上がることを意味します。

例えば、コンビニの経営者の立場に立った場合、今まで時給900円で雇えていたアルバイトが、1500円になったらどうなるでしょうか?

バイトの人数を減らすか商品の値段を上げるしかないですね。

バイトの人数を減らせば一人あたりの負担は増えますし、バイトの求人自体減ってしまいます。

ただでさえ激務と言われるコンビニ経営、廃業する店舗も出てくるかもしれません。

また、商品の値段が上がると言うことは物価が上がると言うことです。
ということは、回り回って最低賃金で働いている人たちに負担が押し寄せます。

そして企業側は更なるコスト削減として無人化を進めるでしょう。

そもそも最低賃金で出来るような仕事はこれからどんどん機械化されていきますね。

http://s-bullet.com/index.php/2017/04/19/post-199/

ちなみに、最賃引き上げでコストが上がっても、それ以上に需要自体が高まれば経済は活性化されるという意見もあるようです。

そこまで経済学に詳しくはないのでどちらが正解かはわかりませんが、いずれにせいきなり1.5倍は現実的じゃないと思います。

夢とは?

一番謎だったのは1500円に夢があるという意見。

「1000円じゃなくて1500円と言うのは、ちょっと夢があるから。夢があるというのは(生活の)リアリティーがあるということ」

えー、時給1500円に夢ありますかね?(笑)

言い方は悪いですが、こういうデモに参加する若者って自分の頭で考えることを放棄しているんじゃないでしょうか?
リベラルっぽい活動がかっこいい的なファッションにしか見えません。

若者ならもっとまともな夢を見た方が良いと思います。

まあ、僕の夢はアーリーリタイアですけどね〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする