ふるさと納税の所得税が還付されました

スポンサーリンク

昨日家に帰ったらポストに税務署からのお知らせが届いていました。
ふるさと納税の還付の所得税分です。

還付額は約21,000円でした。

払った分が戻ってきただけなのですが、なんか嬉しいですねw

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

今さらですが、ふるさと納税は自分が応援したい自治体へ寄付をすることです。

自治体からはお礼の品を受け取ることが出来ます。

寄付金自体は2000円の自己負担はかかりますが所得税と住民税から控除されるので、返礼品の分だけお得な制度ということになります。

なお、近年は自治体間の返礼品合戦が過熱しており、返礼品は寄付金の3割までというガイドを総務省が出したことも話題になりました。

ふるさと納税の返礼品、寄附の3割まで – 総務省が通知

また、寄付できる上限額は納税額が多いほど大きくなるため、富裕層優遇などの批判も一部にはあがっています。

とはいえ、実質2000円の自己負担でお礼の品が貰えるわけですから、積極的に利用しないと損ですね。

ふるさと納税でもらったもの

返礼品としては、肉、魚、お米などの食料品から、旅行券、イベント券などの金券もの、中にはタブレットなどの電化製品を提供している自治体もあります。

個人的には肉やお酒といった日常的な支出に直結するものを選んでます。

去年の主な寄付先です。

岩手県西和賀町「銀河高原ビールセット」
 クリーミーで大変美味しい地ビールです。スーパー等で買うと1本300円近くするのが12本セットなので、3割以上の還元率ですね。

宮城県名取市「ヱビスビール」
 定番のプレミアムビールですね。350ml x 13本、500ml x 2本 なので、こちらも3割以上の還元率です。

宮崎県都城市「豚肉のセット」
 こちらは様々な組み合わせのセットがありますが、量を優先するなら1万円の寄付で3〜4kg程度のセットがおすすめです。国産のブランド豚肉なので100gで200〜300円はすると考えると、ほぼ元がとれてしまうぐらいの還元率です。

福岡県久留米市「牛肉のセット」
 こちらも組み合わせ次第ですが、切り落としなどを選ぶと1万円の寄付で1kgぐらい貰えます。こちらも5〜6割ぐらいの還元率はあるんではないでしょうか。

これらを複数回申し込んで、全部で14万円分寄付しました。

おかげで去年はほとんど肉を買わなかったし、家飲みの酒代も抑えることが出来ました。

今年はどうするか

今年は今の会社を辞めることを考えているので、いくらまで寄付するのか悩みどころです。

というのも、控除の限度額はその年の収入によって決まるからです。

今のところ8月末で退職しようと思っているので、それまでの予定収入と退職後も支払わないといけない社会保険料などから、控除の限度額を計算してみようと思っています。

計算したら、またブログで紹介しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする