LINEモバイルに変えたら通信料金が4分の1になった

スポンサーリンク

昨年の11月、2年縛りが終わったためソフトバンクからLINEモバイルに切り換えました。

その結果、通信料金が4分の1になりました。

スポンサーリンク

LINEモバイルとは

LINEモバイルはLINEが提供している格安SIMのMVNOサービスです。

MVNOとは仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)で、回線設備を自社で持たずに大手キャリアの設備を借りて移動体通信サービスを行う事業者のことです。

MVNOは、DMMモバイル、Yモバイル、楽天モバイルなど、様々な事業者が登場してきています。

LINEモバイルの特徴は、LINE、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSのパケットが無制限となるカウントフリープランが存在することです。

最近はのんさんがTVCMをしていることでも話題ですね。

選んだ通信プラン

自分はTwitterなどのSNSをかなり使うので、カウントフリープランを選びました。

容量はソフトバンク時代は5GBで月によっては買い足しをするような使い方だったのですが、SNSのパケットが無料になるため、まずは3GBのプランにしてみました。

なお、既に終了してしまっていますが、当時は3ヶ月3GBプレゼントキャンペーンというのがあり、足りなければそちらで補うという考え方でした。

結果的には、3GBは少し超える感じなので、データの繰り越しが終わったら5GBプランに変えるかもしれません。

今は4月末まで3ヶ月無料キャンペーンというのをやっているので、それを使えばかなりお得に乗り換えることが出来ます。

ちょっとしたお得技

LINEモバイルは最初の月の通信料が無料になります。
(※ 2017年4月現在は上記の3ヶ月無料キャンペーンがあるのですそれを使うのが得)

最初の月の考え方なのですが、MNPの場合は切り換え手続き完了の翌日が利用開始日となります。

利用開始日とは、新規でお申し込みの場合は、SIMカードが発送された日の2日後(発送日当日は含まず)です。MNPでお申し込みの場合は、ご自宅にSIMカードなどが届き、切り替えのお手続きが完了した翌日です。
利用開始日を含む初月は、月額基本利用料が無料となります。
例えば、9/15が利用開始日となった場合、月額利用料は9月分はかからず、10月分の月額基本利用料からのご請求となります。

そのため、月末の切り換え手続きをすると、翌月がまるまる無料になります。

自分は11/30に切り換えたので、12月がまるまる無料になりました。

通信料が4分の1になった

ソフトバンク時代は5GBのプランで毎月8,000円弱かかっていました。

LINEモバイルに切り換えた後は、毎月2,000円弱と4分の1になりました。

ぶっちゃけ、3大キャリアは高すぎますよね。

ちなみに、認知度は高まっているようですが、まだまだ面倒などの理由で切り換えている人は15%ぐらいとのこと。

MVNO認知率は83.8% 総合満足度は「BIGLOBE SIM」がトップ MM総研調べ

MVNOを認知しつつ利用していない理由は「申し込みが面倒」(16.3%)、「サポートに不安がある」(15.1%)、「通信品質に不安がある」(14.6%)が上位となった一方、MVNO利用者に「MNO(大手キャリアなど)と比較したらどうか」という質問をしたところ「価格が高くても大手キャリアの方がよかった」と回答したユーザーは全項目で5%未満にとどまっている。

何も考えずに3大キャリアを使い続けている人って、めちゃめちゃ損していると思います。

使ってみた感想

通信品質についてはほとんど問題無いですね。

「ほとんど」と書いたのは、通勤時間など一部の時間帯では体感で遅く感じることがあるからです。

とはいえ、MVNO事業者も通信品質は最重要事項だと考えているはずなので、どんどん改善されるはずです。

支出を抑える肝は、固定費を減らすことです。

現代人の月額の固定費で通信料はかなりの割合を占めるものなので、これを下げることは節約においても重要です。

是非、MVNOへの移行をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする