「老後2000万円騒動」ってそんなに騒ぐことなの?

スポンサーリンク

金融庁が出した報告書を巡ってニュースやSNSでは炎上なみの騒ぎになってますね。

「老後2000万円」の撤回要求=自民幹事長が金融庁に

でもこれって今更な話だしそんなに騒ぐことなんでしょうか?

そもそも報告書をよく見てみると、

「高齢夫婦無職世帯は平均的に毎月5万円程度を保有資産から取り崩している」

よって

「収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20年で約1300万円、30年で約2000万円の取り崩しが必要となる」

っていうだけのことです。

これってめちゃくちゃ当たり前のことですよね。

小学生の算数が出来れば計算出来る話です。

逆に、これで騒いでいる人って普段から自分の資産やキャッシュフローについて何にも考えてない人なんじゃないでしょうか。。。

そもそも、普通に65歳まで仕事して株式等で資産運用していけば、2000万円ぐらい貯めるのはそんなに難しいことでは無いですよね。

何も今すぐFXや先物取引で2000万に増やせって言ってるわけじゃ無いです。

だって、65歳まで働くとしたら40年以上あるんですよ。

月に3万円ずつ貯めたとしても、40年で原資だけで1440万円。
これを年利2%ぐらいで運用できれば十分2000万円には届きます。

まあでも、大多数の日本人には「投資=悪」のようなイメージがあるので難しいのかなあ。。。

なお、これについては、AbemaTVで元大阪府知事の橋下さんが以下のように言ってました。

”老後に2000万円の貯蓄が必要”金融庁データに橋下氏「ふざけんじゃねえと言うんだったら、別の政治を選ぶのが国民の責任」

「日本は資本主義社会だから、最後は自分でなんとかするというのが前提。それが嫌だったら共産主義社会にして、稼ぎから何から税金を取って、全て平等にする。そうすれば老後も完璧に保障しますよ、というのもありえる。だけど日本がそういう社会じゃない以上、2000万円くらい足りないですよと言われたら、国民の方もそれに向けてなんとかせなアカン、と思わなきゃいけない。

まさにその通り。

橋下さん、もう一回政治家になってくれないかなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする