吉野家から株主優待券が届いた

スポンサーリンク

先日、吉野家から株主優待券が届きました。

個人的に吉野家の優待券はかなりおすすめです

スポンサーリンク

吉野家の株主優待

吉野家の株主優待は、お店で使える無料券です。

1枚で300円のサービス無料券が年2回、以下の分だけもらえます。

・100株 ・・・・ 10枚(3,000円分)
・1,000株 ・・・ 20枚(6,000円分)
・2,000株 ・・・ 40枚(12,000円分)

それに加えて、配当が年に20円つきます。

1株あたりの株価が2017/5/8時点で1,845円なので、100株で18万4500円として優待も含めた利回りは

(2,000 + 3,000 x 2) ÷ 184,500 = 約4.3%

となり、なかなかお得です。

自分の場合は、2014/7に1500円ほどで100株買っているので、含み益も3万円以上あります。

優待が嬉しいので当分売る予定は無いですけどね。

よく「株なんてお金をもってる人がやるものだ。貧乏人には関係ない。」なんて言われますが、
普通預金や定期預金に預けるぐらいなら、配当の高い安定した企業の株を持つ方が全然いいと思うんですけどね。

もちろん、株価は下がることもありますが、18万ちょっとで毎年8,000円ずつ入ってくると考えれば、長い目で見てリスクは低いと思います。

まあ、そういう考え方が出来ない人は、そもそもお金が貯まらないのかもしれませんが。

ということで、今日のお昼は優待券を使って豚丼を30円で食べることにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごんざれす より:

    こんばんは。GWが明けて、仕事が始まってしまいました(涙)

    奇遇ですね。私も吉野家保有してます。かれこれ保有期間は10年になります。
    目当てはもちろん優待券です。貴殿と考え方は全く同じです。
    配当と合わせ、超魅力的です。
    株はリスクがあると言って、銀行預金を選ぶといっても利息はたかが知れてます。

    リスクを全く取らずに利息等が得られる時代ではもうありません。
    的確な分析のうえで、銘柄を選び、買うタイミングを間違えなければ十分
    リスクを減らしたうえでの資産運用に株はなると私は思います。

    ちなみに今回初めて「冷凍」牛丼を送ってもらうように申し込みました。
    お店ではなく自宅で食べる吉野家の味を堪能してみようと思ってます。

    #吉野家で会計の時、数十円の追加支払いだけで済むのってちょっと嬉しいですよね。

    またのぞきに来ます。

    • もるつ より:

      ご無沙汰しています。

      10年もお持ちとは大先輩ですね。
      十分元がとれそうです。

      リスクとリターンはまさに同意です。
      そのためにも、幅広く投資先を分散させることも重要ですね。

      冷凍の牛丼、僕も興味がありますが、今はまだ外食することが多いので優待券を選んでます。
      リタイアしたらそちらもありですね。
      牛皿としても楽しめそうです。