セミリタイアすることを誰に教えるか

スポンサーリンク

リタイア系のブログを見ていると、リタイアしたことを家族や友人に知らせるか、というのがよく話題に上がっています。

完全にオープンにしている人、家族にも知らせていない人など様々なケースがあります。

まずはメリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

人に知らせるメリット

第一は正々堂々と昼間からぶらぶらしていられるということでしょうか。

一人暮らしだとしても、折角自由時間が有り余っているのに、TwitterやFacebookなどのSNSでおおっぴらに出来ないなら、リタイアした意味が無いですよね。

わざわざ、平日の昼間の投稿を避ける、みたいな気遣いはしたくないです。

第二は何かあったときに助けて貰えるかどうか。

十分資金をもってリタイアしたとして、何かの弾みで資産を失うかもしれません。

そういう場合に誰かに頼れるかどうかは重要です。

危機に陥ってから、「実はリタイアしていて・・・」と打ち明けるよりも事前に教えておいた方が何かと話がスムーズだと思われます。

人に知らせるデメリット

第一は打ち明けた相手にいろいろ言われることでしょうか。

未だに日本では定年まではフルタイムで働くのが当然、という風潮があります。

特に生活費のために社畜に徹している人からすると、妬まれてしまう可能性があります。

そう考えると、知らせても良い相手、知らせない方が良い相手に分けた方が良さそうです。

第二は社会的信用でしょうか。

ローンが組めなくなる、部屋が借りにくくなる、カードが作りにくくなる、など。

ローンは家を買う予定がないので良いとして、部屋が借りにくくなるのは要注意ですね。

先払いすると断られにくい、とかいろいろテクニックはあるようですが、やはり定期収入が無いと貸す方は不安なのかも。
いざとなったら証券会社の口座残高でも見せるかな。。。

カードは既に作成済みなので問題ありませんね。

自分の場合

両親

うちの両親はもう両方とも70歳を超えて結構な年です。

そのため、今さら心配をかけるのは心苦しい気がします。

ただし、うちはサラリーマンではなく自営業をしています。

なので、サラリーマン的生き方を辞めることへの抵抗は少ないかもしれません。

また、これまでも進学や就職、転職についてほとんど口を出してこなかったので、意外とあっさり受け入れてくれるかもしれません。

ということで、落ち着いたら事後報告、という形をとる予定です。

姉は結婚していて典型的な専業主婦です。

子供が2人いて旦那さんは正社員、自分はパートで働いて生活費の足しにしています。

そのため、いくらお金に余裕があっても、独身の弟がリタイアして余裕資金で暮らす、、、みたいなのは理解が得にくそうです。

なので、一番言い出しづらい相手だと思います。

しばらくは黙っておく感じでしょうか。

会社の同僚・同期

実はこれが一番悩んでいます。

退職するに当たって次が決まっている風を装うか、それとももう働かないと公言するか。

少なくとも退職交渉の段階では次が決まっていることにした方が話は進めやすいと思ってます。

問題は退職が決まってからですね。

送別会とかで絶対に今後の話になるし、そこで「しばらくのんびり過ごします」と言ってしまうかどうか。

もうしばらく悩んで決めたいと思います。

プライベートの友人

これは一人一人相手を見て決めることになりそうですが、最終的には隠しているのは難しいかなあ。

今までは平日の夜とかにスーツで会ったりしてたのが、いつも私服になるわけですし。

まあ、折りをみて都度都度知らせていくかな。

FacebookやTwitterで知らせた方が早いですが、そこまでブロードキャストするものでもないか。

まとめ

日本社会は未だに働いているのが当たり前という風潮が強いです。

リタイアについて個別に徐々に知らせていく感じになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする