上司に退職を切り出した

スポンサーリンク

8末退職に向けていよいよ動き出しました。

スポンサーリンク

退職の切り出し方

現在の会社は2社目で、1社目の時にも退職の申し出はしています。

当時は直属の上司と同じビルで仕事をしていたので、朝一番に「今後のことについて相談したい」という内容のメールを出してから上司の席に行く、という方法をとり、事情を察した上司と別室に移り、そこで退職の話をしました。

しかしながら、今の会社は直属の上司と違うビルで仕事をしており、月に1回の定例ミーティングで顔を合わす程度。

しかも次のミーティングは6月下旬でそれだとさすがに遅いです。

どうしたものかと思いGoogleを検索していると、以下のようなページが見つかりました。

円満に辞められる正しい退職の切り出し方

1.直属の上司に対し、「今ちょっとよろしいですか?」と声がけをする
2.個室に二人きりの状態になってから、「実は退職をさせていただきたいのですが」と語り出す。
3.退職を切り出すのは退職日の1.5~3ヶ月前。
4.心の準備をしっかりした上で、繁忙期を避けた時期・時間帯に。

いやいや、しょっぱなの1番から無理やん。。。

どうしようかなぁ。。。

色々と考えたあげく、今後のことについて相談したいので電話か直接会って話をしたいという内容のメールを送ることにしました。

すると上司から夕方に電話する旨の返信があり、その電話で退職することを告げました。

てっきり最初のメールである程度察しがついていたのかと思ったのですが、上司としては想定外だったらしく、結局翌日に直接会って話をすることになりました。

そして、改めてその場で退職する旨とその理由を伝えました。

次の会社が決まっていないこと、そして、ある程度の蓄えがあるためすぐには仕事をしないことも併せて伝えました。

上司は最初半信半疑だったようですが、最後は納得したようで逆に羨ましがられました。ちなみに、上司は退職とか考えてないのか?と聞いてみたところ、専業主婦の奥さんと子供2人がいるので、そんなに簡単には辞められないし転職も難しい、というようなことを言っていました。

ということで、退職に向けて本格的に動き出しました。

今の気持ち

2回目とはいえ、退職を切り出すのは正直言って結構な踏ん切りが必要でした。

本当にアーリーリタイアして資金的に大丈夫なのか?
折角の正社員という地位を捨ててしまってもいいのか?

いろんな思いがグルグルと頭の中を回りました。

しかしながら、今の気持ちは非常にスッキリしています。

そして(有休消化に入る)7月以降の生活に向けてワクワクしています。

勇気を出して退職を切り出して本当に良かった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごんざれす より:

    おはようございます。ごんざれすです。ほぼ毎日のぞきに来ています。

    ついに、上司へ退職を切り出したのですね。
    記事を拝読している限り、引き留めにもあわなかったようですね。

    有休消化そして、退職への道筋がついたようで本当にうらやましい限りです。
    (あ、でもまだこれから上位上司との面談とか人事面談とかで引き留められる
    リスクもあるのでしょうか。)

    ご自身が理想とされる道にうまく進めますように、、と陰ながら祈っています。

    私もあとに続くことができるよう、資産形成、節約につとめる所存です(笑)

    退職に向けてご自身の経験や経緯などを後日記事にしていただけることも
    楽しみにしています。また来ます。

    • もるつ より:

      ありがとうございます。

      ある程度の引き留めもあったのですが、外資系で結構出入りのある会社なのでそこまで強引な引き留めはなかったですね。
      さらに上の上司の面談とかも無いみたいで、あるとしたら人事のインタビューぐらいみたいです。

      今後の流れなども書ける範囲で書こうと思っていますので、これからもよろしくお願いします。