社畜にならないために大切なこと

スポンサーリンク

先日、この春から社会人になる趣味関係の友人とご飯を食べました。

その時に、どうしたら社畜にならないですむか、という話をしたので備忘録的に残しておきます。

その中で話したポイントは以下の3つです。

・会社がクソだと思ったらさっさと次に移れるだけのスキルを身につける
・このままじゃまずいと思ったら次を決めずに辞めれるだけの資産を用意する
・折角入った会社を辞めるのは悪いことだと思わない

会社がクソだと思ったらさっさと次に移れるだけのスキルを身につける

今の時代、最初に入った会社で定年まで勤め上げる、なんていうのは幻想です。

そもそも、40年近くも同じ事業や会社が存続するとは限りません。

なので、この会社ダメだなぁ、って思ったらサクッと次に移るべきです。

しかしながら、自分にその会社の中でしか通用しないようなスキルしかないと、転職したくても出来ません。

そのためには、常に自分の転職市場での価値を考えながら仕事をすることが重要です。

このままじゃまずいと思ったら次を決めずに辞めれるだけの資産を用意する

しかし、現実的に辞めるとなると次を決める必要があることが多いでしょう。

そんな時、社畜のまま次を決める活動をするのは結構大変です。

確かに次を決めてから辞めるのを勧める意見もありますが、ブラックな職場で精神的にヘトヘトになっているような場合は、我慢せずにサクッと辞めるのも大切です。

そんなとき、辞めてもしばらくは暮らしていけるぐらいのお金を持っていることが重要です。

生活費のために仕事が辞められない、っていうのが一番駄目なパターンだと思います。

折角入った会社を辞めるのは悪いことだと思わない

最後に一番大事なのは、会社を辞めるのは悪いことだと思わないことです。

折角入ったのに、とか、周りの目が気になるから、とかいう理由で会社に残るのは自分のためになりません。

自分の人生は自分のものです。

ぶっちゃけ、周りはあなたが会社を辞めてもたいして興味がありません。

駄目な会社に入ってしまったらサクッと辞めましょう。

まとめ

結局のところ、社畜の問題ってみんなが辞めないことが問題だと思うんですよね。

みんなが我慢して辞めないから会社側も業務を改善しようとしない。

まさに負の連鎖です。

この会社だめだと思ったら、サクッと辞めましょう。

それが社畜をなくすために大事なことだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする