大雨の日に無理して出社する必要ありますか?

スポンサーリンク

昨日から低気圧が急速に発達し、関東地方は朝から激しい雨が降っています。

テレビをつけると画面の端に「暴風大雨に警戒」、「XX線で一部運休」などのテロップが出ています。

果たしてこんな日に無理して出社する必要あるんでしょうか?

スポンサーリンク

大雨の日の通勤

台風などで強風、大雨になると交通機関が乱れます。

ただでさえ通勤ラッシュが激しいのに、ダイヤが乱れたり、運休したりします。

ある路線が止まると、振り替え輸送が行われ、動いている路線に人が流れて、さらに混雑に拍車がかかります。。。。

最悪の場合、ホームにすら入れずに、駅構内で何十分も待つなんてことも、、、

濡れたスーツ、人混み、蒸し暑さ、ストレスはMAXです。

そうして苦労の末にオフィスにたどり着いたとしても、みんな同じ状況のためオフィスの人はまばら。

当然ながら仕事もはかどらず、出社した人同士で「いやー、今日は大変だったね〜」などと談笑して午前が終わる。

めっちゃ生産性低いですよね。

ぶっちゃけ、こんな日は午後から出社でも全然問題無いと思います。

もしもミサイルが飛んできたら?

先日こんなツイートをみました。

皮肉を込めたツイートだと思いますが、震災の時を振り返ると一瞬笑えなかった。

確かにあの時、週明けの月曜から頑張って出社しました。

節電の影響で電車の本数が減り、月曜の帰宅にはいつのも倍の時間がかかったりしました。

なんかおかしいですよね。

何があっても義務感のように会社に通う、まるで洗脳されているかのように。。。

まとめ

台風や大雨の日に無理して出社するのは無駄が多いです。

午後から出社可能にするなど、柔軟な働き方を認めることで社会全体の生産性向上にも繋がるはずです。

なお、テレビによると僕の利用している電車は無事動いているようです。

ということで、会社に行ってきます。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする